頚椎症の治療間隔はどういったペースが理想なの?

頚椎症の治療は適切な間隔で受けることが完治へのポイントです。
まず、頚椎症を発症した当初は、1週間に2回程度の治療を受けることが大切です。
このペースで治療を5回程度まで続けたうえで、症状の変化に応じて治療間隔を調整することになります。
この段階で頚椎症の症状が治まってきた場合は、治療間隔を1週間に1度程度のペースダウンしながら頚椎症の回復を目指していきます。

大半のケースでこのペースの治療を続けることで頚椎症からの軽減が見られますので、その後は治療間隔を2週間程度まで開きながら治療の効果を見直すことになります。
最終的には3週間に1度ほどの治療間隔で頚椎症の再発が見られないことを確認して、治療離脱を迎えることになるのです。
一般的なモデルケースでは徐々に治療間隔を拡げることになりますが、治りにくい場合は治療間隔を短いままのこともあります。

それぞれのケースで治療間隔は異なってきますので、医師と相談しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました